⇒OCN 光

NTT @ビリングとWEBビリングの違い

NTT東日本のフレッツ光ユーザーの中には、料金を確認しようと思ったときに「@ビリング」と「WEBビリング」というのが2つあって、なんじゃこりゃ?となる方もいることでしょう。

何を隠そう、管理人自身が先日そうなりました。

@ビリングのパスワードもわからなくなってしまったので、その件の問い合わせのついでに質問してみました。

そうしたところ、次のような関係・違いのようです。

@ビリングNTT東日本が提供・運営しているサービス
WEBビリングNTTファイナンス株式会社が提供・運営しているサービス

いま、NTT東日本サービスの料金は、NTTファイナンスに収納代行等を依頼しているそうです。
(以前はNTT東日本が直接やっていました)

【参考】ご請求に関する大切なお知らせ|料金のお支払いトップ|Web116.jp|NTT東日本

NTTファイナンスは、NTT東日本以外にも、NTTドコモなどの料金収納代行も行っています。

ですので、ドコモのスマホ等を使っていて「おまとめ請求」の手続きをしている場合、WEBビリングにログインして料金をみると、そちらの請求情報も閲覧することができます。

図解してみます。

こういうことだと思います↓
NTT @ビリングとWEBビリングの違い

タグ

2016年9月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NTT東日本 フレッツ光 料金

光回線月額料金の国際比較

総務省が電気通信サービスに係る内外価格差調査(2015年度)を発表しています。
(2016年年6月17日)

これは、
◆東京
◆ニューヨーク
◆ロンドン
◆パリ
◆デュッセルドルフ
◆ソウル
の6都市の、携帯電話・FTTH・IP電話・固定電話サービスについて調査を行ったものになります。

調査結果はこちら⇒平成27年度電気通信サービスに係る内外価格差調査(PDF)

FTTH(光回線)は「NTT東日本」「NTTぷらら」が調査対象になっています。

回線使用料・宅内設備レンタル料・ISP料の合計で月額料金がどうかが比較されています。

東京は「戸建て」と「集合住宅」で2,000円ほどの料金の違いがあり、データが分けられています。

調査対象都市の中で、東京は
・集合住宅向けプラン⇒安め
・戸建て向けプラン⇒平均的
といえそうです。

1Mpbs当たりの料金だと、集合住宅向けも戸建ても(他の都市と比較して)安い印象です。

これからすると、東京の光回線サービスは「ちゃんと速度が出ている」と言えそうです。

タグ

2016年7月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NTT東日本 フレッツ光 料金

フレッツ光の料金を安くするには

フレッツ光の料金を安くするには、次のようなやり方があります。

1 月額料金の安いプロバイダを使う

一般的にはBB.excite
がいいようです。

【参考】

「プロバイダのメールアドレスなどを使っていないのであれば、どんどん安いものに乗り換えていい。業界ではフレッツ対応プロバイダで『BBエキサイト』がもっとも割安というのが定説。月たったの500円ですよ」

http://nikkan-spa.jp/763321

ただし、最低利用期間が設けられていることもありますので、申込み前にはそのあたりを確認するようにしましょう。

いま他のプロバイダを利用中という方も、格安プロバイダのエキサイトに乗り換えるのもありですよ!

2 にねん割の利用を検討する

2年間継続利用を前提に月額料金が安くなる「にねん割」を利用します。
戸建てで月700円、集合住宅で月100円割引されます。

契約は2年毎の自動更新で、更新月(利用期間満了月の翌月)以外での解約には「にねん割」の解約金(戸建ての場合9,500円、集合住宅の場合1,500円)がかかります。

3 フレッツ光メンバーズクラブに登録を行う

フレッツ光会員向けサービス「フレッツ光メンバーズクラブ」に登録をします。
登録は無料ですが、これを行うことでマンスリーポイントが貯まり、そのポイントをNTT東日本サービス料金支払いにあてることもできます。
ただし、これから登録を行う場合、マンスリーポイントをもらうにはフレッツ光ライトを除き「にねん割」の申し込みが必要となります。

1年目で毎月100ポイント(100円相当)、3年目で毎月300ポイント(300円相当)がもらえますよ!

NTT東日本 フレッツ光 マンスリーポイント
https://members-club.flets.com/pub/pages/about/

4 支払いは「口座振替」または「クレジットカード」にする

2015年年1月請求分以降、「料金請求書」の発行に手数料がかかるようになります。
発行手数料100円と支払い時に窓口払い手数料50円で合計150円/月かかってしまいますので、支払いは「口座振替」または「クレジットカード」がおすすめです。

「口座振替のお知らせ」を書面で受け取る場合も100円/月の発行手数料がかかりますから、請求内容の確認をWEBで行う「@ビリング」の登録も行いましょう。

NTT東日本「フレッツ光」料金支払いに関する手数料
https://flets.com/bill/

タグ

2015年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NTT東日本 フレッツ光 料金

このページの先頭へ