⇒OCN 光

ひかり電話ルーター(RS-500KI)不具合

NTT東日本が、ひかり電話のルーターに不具合があり、電話の発信時にダイヤルした電話番号とは異なる電話番号に着信する事案が16件発生したことを発表しています。
(2015年11月2日)

対象のルーター型番はRS-500KIで、約6,700台が貸し出されているようです。
2015年9月中旬~貸し出されています。

「自分が借りているものは大丈夫なのか?」という方は、ルーターの型番を確認しましょう。

RS-500KIの場合は、型番が本体正面の下のほうに記載されています。

RS-500KI 型番確認方法
(http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20151102_01_01.html)

もし、あてはまる場合には、以下のページを見て対応することをおすすめします。

★ひかり電話対応機器の不具合について | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本

http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20151102_01.html

タグ

2015年11月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NTT東日本 フレッツ光 ルーター

フレッツ光 ひかり電話ルーター+光BBユニット 再起動方法

自宅のインターネットが繋がらない事態が発生。

「何かサービス障害でも起こっているのだろうか」と、スマホで以下を確認。

★工事故障情報|サポート|フレッツ光公式|NTT東日本

http://flets.com/customer/const2/

★Yahoo!リアルタイム検索~Twitter(ツイッター)、Facebookをログインなしで同時に検索!

http://search.yahoo.co.jp/realtime
(↑「フレッツ光 繋がらない」「フレッツ光 障害」などでつぶやいている人がいないかを検索しました)

障害発生といった情報は見当たらず。

NTT東日本フレッツ光のサポート窓口に(携帯から)電話をかけて情報を伝えると、「ひかり電話はつながっていますか?」と聞かれました。
受話器を上げてみると、「ツー」っと音がして、これは繋がっているのだそう。

とすると、通信側には問題がないとのことで、機器の電源を入れなおしてみましょうと促されました。

自分は
●「回線終端装置一体型ひかり電話ルーター」(以下、「ひかり電話ルーター」とします)
●「光BBユニット」
の2つの機器を利用中。

NTT東日本 フレッツ光 ルーター

これらを再起動すると、無事に復旧しました!

やり方は次のようでした。

1.「ひかり電話ルーター」「光BBユニット」の電源を切る。

それぞれの電源アダプターを抜いて、電源をOFFにしました。

「回線終端装置一体型ひかり電話ルーター」 電源ON⇔OFF

「光BBユニット」電源ON⇔OFF

2.「ひかり電話ルーター」の電源を入れて、しばらく待つ。

ひかり電話ルーターの電源アダプターを挿し込み、2分ほど待ちました。
(前面の「ひかり電話」のランプが点くまで)

回線終端装置一体型ひかり電話ルーター

3.「光BBユニット」の電源を入れて、しばらく待つ。

光BBユニットの電源アダプターを挿し込み、1~2分ほど待ち、パソコンでネット接続ができるかを確認しました。

電源OFFはどちらからでも構わないようですが、電源を入れるのは「ひかり電話ルーター」⇒「光BBユニット」の順番が大切みたいです。
「ひかり電話ルーター」がきちんと立ち上がって回線を通せる状況になってから、プロバイダー側のユニットを起動する、ということですかね。

タグ

2015年7月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NTT東日本 フレッツ光 ルーター

NTT東日本 フレッツ光 ルーター

右側のものがNTT東日本フレッツ光を契約し、工事設置してもらったひかり電話ルーターです。

回線終端装置(ONU)なんて呼び方もされているようです。
(正しくは「回線終端装置一体型ひかり電話ルーター」かな)

私の場合はレンタルしており、月450円となっています。

NTT東日本 フレッツ光 ルーター

左側のものはYahoo!BB(プロバイダ)の「光BBユニット」。
こちらもレンタルで月490円。

実際のところ、これらがどういった役割を果たしているのか私はよく理解していなかったりします。

工事のお兄さんがささっと設置してくれました。
(光BBユニットへの配線接続は自分でやったんだったかな。忘れてしまいました・・・)

NTT東日本では、無線LAN化したり、外でもネット利用するためのルーター「光ポータブル」のレンタルなんてのもやっていますね。

月額315円でWi-Fiクレードル(最大300Mbpsを実現するそう)がオプションで月210円。

ただ、外出時にネット接続するには公衆無線LANサービスや3Gモバイルデータ通信サービスへの契約が別途必要になります。
その料金がそんなに安くないということもあって、私は外用のネット接続には光ポータブルではなく、別のモバイルWiFiルーターで回線契約(モバイルデータ通信サービス契約)を行って使っています。

タグ

2012年12月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NTT東日本 フレッツ光 ルーター

このページの先頭へ